いつの間にやらコウノトリ。

  • 2015.06.30 Tuesday
  • 08:35
おはようございます。
先日、幸楽園の対岸にあるハチゴロウ戸島湿地に行って来ました。
ここには毎年コウノトリが雛を育ててくれる人工巣塔があります。



今年は雛が2羽誕生していたのですが、行ったら職員の方に
「もう先週に飛び立ちましたよ」
とあっさり言われて絶句^_^;
何でも、見知らぬオスのコウノトリが巣に急にやって来て、2匹の雛を蹴落としたらしい。
ですがどうにか飛べるところまで成長していて、落ちて死ぬところまではいかなかったと。
弱肉強食の世界、ギリギリセーフで生き延びたのでしょう。


飛び立ったとはいえ、結構巣の近くをウロチョロしているもので、
若女将が行った時は3匹のコウノトリを見かけました。





見ていると、とても気持ち良くさせてくれます。
まだまだ人工巣塔に居そうなコウノトリたち。
次はどんなドラマがあるのか楽しみです。

2015年コウノトリ

  • 2015.04.14 Tuesday
  • 08:40
おはようございます。
2015年もコウノトリは戸島湿地で産卵し、3匹の雛が誕生しました(^ ^)
で、どんな様子か先日見に行ってきました。



雄鳥が立ってくれないと雛は見えないとのことで、
若女将がいる間は立つ気配が全くありませんでした。
まぁ仕方ないか。
雛はまだまだ食べられる可能性があるので、
親鳥は交代で雛を守っているんです。



今の時期は人工巣塔に行くと必ずコウノトリに出会えます。
要チェックですよー(^o^)

初産卵☆

  • 2015.03.04 Wednesday
  • 06:50
おはようございます。
先日、新聞にも載っていましたが、コウノトリが今年初産卵したそうです。
豊岡市野上という所の人工巣塔で、雄8歳、雌10歳ペアとのこと。
このペアは8年連続の産卵とのこと。


す、スゴイ^_^;


でも、雄8歳で8年連続…???


雄0〜1歳で子作り出来るものなのか。
そもそも何歳まで子作り出来るのか?
コウノトリにも高齢出産ってあるのか?


1つの記事で???マークがいっぱい飛び出した若女将でした^_^;



この人工巣塔は城崎から車で約20分の場所にあります。
が、コウノトリは繊細な生き物で、しかも抱卵中となれば尚更だと思うので、遠目で見てくださいね^_^


産卵しても孵化するとは限らず、孵化しても途中で食べられたり、巣から落ちたりするのです。
自然は本当に弱肉強食。
遠目で見守っていきたいものですね。


追記。
この後、幸楽園の川向こうにある戸島湿地でも産卵したとの情報が^_^
自転車でも車でも、何なら歩いてでも行ける距離です。
ぜひ、コウノトリを見るなら、今ですよ〜^o^

コウノトリと秋篠宮さま その2

  • 2014.08.13 Wednesday
  • 09:20
おはようございます。
コウノトリと秋篠宮さま その2です。


コウノトリの人工飼育が成功し、いよいよ放鳥となった折、秋篠宮さまご夫妻がご臨席されました。
そして、その後の歌会始(うたかいはじめ)で、
この放鳥の瞬間を待ちわびた人々の感動と喜びを詠まれたお歌を詠まれています。


秋篠宮殿下お歌
 人々が笑みを湛へて見送りし
    こふのとり今空に羽ばたく

秋篠宮妃殿下お歌
 飛びたちて大空にまふこふのとり
    仰ぎてをれば笑み栄えくる



この歌を掘った歌碑が、コウノトリの郷公園にあります。
コウノトリと共に、この歌碑も見ながら、秋篠宮さまご夫妻の思いと重ねてみると…より楽しめるのかもしれません(^ ^)

ついでに、コウノトリの郷公園へは城崎温泉から車で約20分です(^ ^)

コウノトリと秋篠宮さま その1

  • 2014.08.10 Sunday
  • 09:00
おはようございます。
もう7月中旬話になりますが、城崎温泉のある兵庫県豊岡市で、
コウノトリ国際かいぎがありました。
その会議に、秋篠宮さまと長女の眞子さまが参加されました。


コウノトリが人工飼育されているコウノトリの郷公園の近くに、三江小学校という小学校があり、
その校庭にはコウノトリの人工巣塔があります。
コウノトリのペアが毎年のようにヒナを育てる巣塔です。
(コウノトリは繊細な鳥で、縄張りや刺激物があるといくら人工巣塔があっても、産卵しません。
そういう意味で、三江小学校の人工巣塔は貴重な巣塔の一つです)



三江小の小学生はコウノトリ観察記録について、秋篠宮さま、眞子さまにお話されていたとのこと。

ところで、コウノトリと秋篠宮さまの接点は、これが初めてではありません。
長くなりそうなので、次回に続く…

最近のコウノトリ

  • 2014.06.10 Tuesday
  • 08:15
おはようございます。
以前三角関係に陥り、雛が犠牲になった戸島湿地。
(詳細は昼ドラコウノトリ参照)
しばらくして、また人工巣塔にコウノトリの姿が見られるようになりました。



コウノトリは雛が出来ると必ずペアのどちらかが巣に留まり、雛を守ります。
ということは、また雛が出来たのか?
若女将はハチゴロウの戸島湿地にぶらり寄ってみることにしました。

中の係りの方に聞くと、今2匹の雛がいるとのこと。
平和な戸島湿地が戻ってきたんだと喜びながら、
つい以前のコウノトリ三角関係についても聞いてみました。



すると、人様は面白おかしく言うからね…との返事。
今コウノトリは放鳥2世が産卵、抱卵する時代を迎えているのだとか。
そして放鳥2世は圧倒的にメスが多いため、
メスは自分の雛を残そうと必死なのだとか。
コウノトリは雛の巣立ちまでペアで子育てをしますから、
オスがあっちの巣にもこっちの巣にも顔を出す、ということは出来ないようです。

ある意味、人間よりもピュアではないか。
ドロドロしてるよコウノトリ。
なんて言ってごめんなさい。
と、つい謝った若女将なのでした。

少しでもオスのコウノトリが増えて、戦いが少ないコウノトリの世界になってもらいたいもんです。


ついでにコウノトリの巣立ちは、今月中だと思われます。
必ずコウノトリに会えるのは巣立ちの前なんです(^ ^)
ぜひピュアなコウノトリ、一目見て行って下さいね。

禁断の恋

  • 2014.05.07 Wednesday
  • 08:40
おはようございます。
先日、コウノトリについてこんな記事を見つけました。


「県立コウノトリの郷公園(豊岡市)は、近親関係にあった雌9歳と雄5歳のペアのうち、雌を同市で捕獲した。
同ペアは昨年から行動を共にしていたが、
ついに"禁断の恋"に終止符が打たれた。

今回捕獲された雌は2012年には息子にあたる雄(2歳)とペアになっていたが1年で解消し、
翌年から弟にあたる雄とペアになっていた。今後は同園内で飼育するという。」
(神戸新聞4/23抜粋。一部省略)



コウノトリの野生復帰に向け、個体数が確保されるまでは、
遺伝的劣化を防ぐために、
近親の場合は人為的に捕獲しているのだそうです。



先日の戸島湿地でのコウノトリ昼ドラ騒動といい、
最近愛欲まみれなイメージになってきたんですけど、コウノトリさん…(ーー;)
(昼ドラコウノトリ参照)


人間の世界も大変かもしれませんが、コウノトリの世界もきっと大変なんでしょう…
(ついでに、記事と画像は全く関係ありません)

昼ドラこうのとり…

  • 2014.04.21 Monday
  • 06:50
おはようございます。
戸島湿地にこうのとりのヒナが誕生したと先日お伝えしたのですが、
な、なんと、3匹のヒナは全員死んでしまいました((((;゚Д゚)))))))

な、なぜ…

そこには、人間と同じくらいドロドロした感情が渦巻いておりました…((((;゚Д゚)))))))
コウノトリのオスと、メスの間にヒナ3匹が誕生したのは4月に入ってから。
しかしこのコウノトリのオス、別の未亡人コウノトリとも良い仲になっていたのです(´・Д・)」



未亡人コウノトリは仲睦まじい夫婦やヒナを見て、負の感情を抱かれずにはいられなかったのでしょう…
1匹のヒナは巣から落とし、2匹のヒナは殺してしまったのです((((;゚Д゚)))))))
(正確には2匹のヒナは姿が見えなくなってしまったとのことです。
多分未亡人コウノトリが食べてしまったのでは?との噂)


惨状の後、巣にはコウノトリの姿が見えなくなってしまいました。
ただ、すぐ近くの電信柱には1匹のコウノトリが。
果たしてヒナを殺され悲しむメスなのか。
自身の罪に後ろめたさを感じているコウノトリのオスなのか。
はたまた、また一緒になったら許さないわよとばかりに執念を見せる未亡人なのか。


若女将には、わかりかねません(´・_・`)
早く平和な戸島湿地になって欲しいもんです(´・Д・)」

今年も孵化しました(^ ^)

  • 2014.04.14 Monday
  • 08:50
おはようございます。
戸島湿地のこうのとりの人工巣塔で3匹のヒナがふ化しました!
7年連続とのこと(^ ^)


こうのとりは、産卵やヒナのふ化が起こると、必ずペアのどちらかが巣にとどまります。
外敵からヒナを守るためなんでしょうね。
と言うわけで、今戸島湿地に行けば必ずこうのとりに出会えます。

2014.4.14の様子…
残念ながらヒナは座り込んでしまい、親鳥しか見えませんでした(._.)
つい先ほどまで見えたのになぁ、との声が聞かれました。





戸島湿地ってどこかって??
幸楽園の前には円山川が流れているのですが、幸楽園の対岸が戸島湿地になります(^ ^)
徒歩5〜7分、自転車ならば3〜4分といったところでしょうか?
幸楽園では自転車の貸し出しも無料で行っています。
天候の良い日にぜひこうのとりをご自分の目でお確かめくださいませ。

初産卵!

  • 2014.02.27 Thursday
  • 08:30
おはようございます。
そろそろ、春ですねぇ。
こちら城崎近辺でも春の訪れを感じさせるニュースが聞こえてきています。


コウノトリの郷公園の敷地内人工巣塔にて、
今年度初めてのコウノトリの産卵が確認されたとのこと。



これからそれ以外の巣塔でも産卵されていくのでしょうか?
楽しみです^ ^

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

今何時?

幸楽園場所

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM