ベニズワイガニがやって来た!!

  • 2014.09.05 Friday
  • 10:54
おはようございます。
新聞やニュースでもうご存知の方も多いと思いますが、
昨日今年初のベニズワイガニの競りが行われました。



ベニズワイガニは、主に兵庫県香美町にある香住漁港で獲られます。
冬に美味しく食すズワイガニより小降りですが、皮が柔らかく、
とても食べやすい代物です。
中身の蟹肉もズワイガニに劣らずとても美味しいので、
お子さんや蟹を裁くことに苦手な方でもお召し上がりやすい代物になっています。


冷凍物はやはり美味しさが半減しますが、今からの時期ならば、
新鮮なベニズワイガニを召し上がっていただけますよ〜(^ ^)

マツバガニの捕獲量2014

  • 2014.01.29 Wednesday
  • 08:00
おはようございます。
先日今年のカニ事情と題して、
近年のマツバガニの捕獲量減少を嘆くブログを書かせて頂きました。
そのブログの後、神戸新聞に実際の捕獲量について掲載されていたので、
主要な部分だけ抜粋させていただきます。



城崎近郊で獲れたマツバガニの捕獲量は176トン。
前年比で56%の増加。
これは2008年以来の豊漁である。
しかし、メスガニであるセコガニは121トン。
前年比で25%の減少。
これは過去10年間で最悪の捕獲量である。


…今年はカニの捕獲量が少ないという地元の噂は、セコガニに限ったことだったのでしょうか?
むしろオスであるマツバガニは久々の豊漁とのこと。
この男女差は一体。

でもどちらにしろ、男女どちらかが少ないと子どもカニが生まれないわけで。
来年以降のカニさん到来に心配な点は変わりありません。



今年はメスガニであるセコガニの漁は終了。
オスガニであるマツバガニは、3月中旬まで漁がされています。
今年のカニシーズンももう少し!

今年のカニ事情。その2

  • 2014.01.20 Monday
  • 08:50
おはようございます。
今年のカニ事情。その2です。

そんなこんなで、今年はカニの漁獲量が少ないと幸楽園でも実感する今年度でした。
まだ今年度の漁獲が終了したわけではないので、
ここから挽回する可能性もあるのですが。



しかし、カニの漁獲量の減少傾向は今年に始まったことではありません。
メスのセコガニが、オスよりも早めに漁が終了になるのも、漁獲量減少への危機感からの対策であることは、
この辺りに住む方々にとって周知の事実でしょう。



「カニさんありがとう」とカニシーズン初めに絶叫し、
カニシーズンが終われば、お坊さんによるカニ供養が行われる。
これは何も観光客の方向けのイベントという側面だけでなく、
カニへの恩恵を忘れない城崎周辺の方々の強い思いなのだと、感じるようになりました。



それでも、減っていくカニさんたち。
人間のエゴがまだまだ強いのでしょうか。
お客様、カニさんは当然のように城崎にあるものではありません。
いつか、本当に獲れなくなって、城崎からカニが見られなくなっていくなんて日が来るのかもしれません。
(そうならないように、色んな対策は取られていくのでしょうけれども)
カニを召し上がられる際、そんなカニさん事情を汲み取っていただけると、
より美味しく、より大事に感じていただけるのかもしれません。

今年のカニ事情。

  • 2014.01.18 Saturday
  • 08:40
おはようございます。
今年ももうズワイガニのメスであるセコガニのシーズンは終了になってしまいました。
まだオスのカニは漁が続いていますので、
城崎温泉ではカニの美味をまだまだ楽しむことができます^_^



ところで、今年のカニ事情についてです。
人伝で聞いた話なので、定かでは無いのですが、
今年は漁獲量が昨年より少ないんだとか。
それはカニ自体の数の減少だけでなく、漁に出られる船の減少、安定した気候日の減少も影響しているようです。



我が幸楽園でも、普段は津居山港からの津居山カニで料理をさせてもらっているものの、
今年は柴山港の柴山カニも取り寄せないと、
まかないきれない状況でした。
お正月に起こしのお客様は、青色やピンクのタグのカニを目にされて、何が違うんだろう?と思われたかもしれません。
(同じズワイガニなので、味が変わるということはありません。
もちろん、それぞれブランド化されたカニなので、身の多さや大きさ等、
それぞれの港でのこだわりは持ってらっしゃると思います。)

…話が長くなりそうなので、その2に続く。

津居山カニって?

  • 2013.11.12 Tuesday
  • 08:50
おはようございます。
ズワイガニについてですが、ズワイガニは地域によってブランド化されています。
ズワイガニは日本だけで採れるカニではありません。
ロシアなんかでも採れるんです。
日本でも冷凍されたロシア産のカニが出回っており、城崎でもチラホラ出回っているとかいないとか…



カニは新鮮なうちに食べられるのが一番ですね。
しかも、できるだけその日取れたものを食べたいですよね。
ロシア産よりも美味しいぞー!
っと意識されてるかはわかりませんが、それぞれの地域の基準でズワイガニはブランド化されているのです。



津居山カニは津居山港で取れたズワイガニです。
先ほどお伝えした1日操業をしている船もあります。
津居山港は城崎から約4km、車で約10分離れた漁港なので、
城崎にとって、一番新鮮なカニが得られやすいと言っても過言ではありません。
でも、ロシア産と津居山カニ、同じズワイガニなので、見分け方が分からない…
そんなお客様。
津居山カニは青いタグが付いています。



このタグがあれば、新鮮なカニの証拠。
幸楽園では津居山カニを扱っておりますので、ぜひ青いタグがついているかどうか、ご確認くださいませ。

ズワイガニのメス。

  • 2013.11.10 Sunday
  • 10:20
おはようございます。
ズワイガニのメスについて。
オスとメスは大きさがあまりに違うので、メスは別名セコガニとか、セイコとか呼ばれています。



なぜこんなに2倍近く大きさが違うのか。
理由は簡単。
卵をたくさん産むからです。
そして、産卵だけでなく、抱卵、要は卵を暖めるんです。
しかも1年〜1年半という長期間!



この卵は別名外子とも呼ばれていて、プチプチして美味しい?
そして、卵巣である別名内子はとろける食感でもっと美味しい?
若女将はカニの中でも、この内子が一番好きです(≧∇≦)



(中央のオレンジの塊が内子。外側の粒粒が外子)

オスは11/6〜3/20までが漁の解禁期間ですが、
メスは11/6〜1/10
メスが食べられる期間は更に少ないんですね(^^;;

ズワイガニのオス。

  • 2013.11.08 Friday
  • 08:55
おはようございます。
ズワイガニのオスについて。
ズワイガニのオスは約14cmの大きさで、メスの2倍の大きさです。
そのため、全く違ったカニに見えます。



9月に解禁された紅ズワイガニと違って、殻が硬くハサミでないと切れません。
足の太さもメスより大きく、胴体だけでなく、足にもその分、白い身がギッシリ入っています。



オスは何回も脱皮をします。
そして、脱皮した皮さえも食べます(^^;;
もともと、雑食ですが肉食が強く、貝も食べるんだそうです。



平均寿命は15歳。
11歳くらいで捕獲可能な大きさになるとのこと。
お客様が食べようとされているズワイガニになるには11年かかるということですね。
ワインよりかは時間がかからないのかもしれませんが…
11年の重みを感じて味わっていただけると、より美味しく感じていただけるかもしれません^ ^

とうとうこの日がやってきた。

  • 2013.11.06 Wednesday
  • 09:40
おはようございます。
今日は11/6ですね。
城崎にとって、山陰地方にとって(と言ったら言い過ぎかもしれませんが)
11/6はとても特別な日です。
なぜなら、今日はズワイガニの解禁日だからです!



ズワイガニは冬の味覚の王様と言われています。
主に日本海側の漁港で取れるカニで、3月中旬まで漁が繰り広げられます。
冷凍ではない、新鮮なカニが食べられるなら今です!

ズワイガニはオスとメスが居ますが、その味わい方は全然異なります。
詳しくは…次回に続く。

カニミソの秘密

  • 2013.11.04 Monday
  • 08:15
おはようございます。
寒くなってきましたねぇ。
そろそろ、カニのシーズンがやってきます。
カニの中でも、若女将はカニミソが大好きです。
1匹のカニの中でたくさんあるものでは無いので、貴重ですね。



カニミソは、中腸腺という器官になるそうで、
人間でいう肝臓と膵臓を併せ持った器官になるようです。
そしてとても栄養価が高い。



このカニミソ、実はカニが死んでしまうと、真っ先に解けて消えてしまうんだそうです。
カニミソにありつけるということは、新鮮なカニに出会えている証拠でもあるんですね。

カニの漁期

  • 2013.02.08 Friday
  • 07:57
おはようございます。
城崎のカニは、
?ズワイガニ(城崎から4Km離れた津居山港で捕れるカニ)



?松葉ガニ(城崎から約20Km離れた柴山港で捕れるカニ)




?紅ズワイカニ(城崎から約25km離れた香住港で捕れるカニ)



だいたいこの3種類が食べられます。


この冬は、少し津居山カニの漁獲量が少ない時期があり、高値がつきやすかったものの、
宿泊値段を上げることなく頑張った幸楽園です( ̄^ ̄)ゞ

?の香住カニは漁期が9月〜6月と幅広く、ほぼ年中食べられますが、
?の津居山カニと、?の柴山カニは、冬にしか捕れません。
その漁期は3月15〜20日で終了となります。


あと、1ヶ月半・・・


すでに、セコガニというメスのカニは、1月半ばで漁期が終了となっておりますヽ(´o`;
オスの松葉カニやズワイカニはまだ待っていてくれていますので、
このチャンス、お見逃しなく…

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

今何時?

幸楽園場所

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM